FC2ブログ

D・daddyと愛馬たちと私のダイアリー

0

東京TC HP から転載!


ホーストピックス からの転載です。

~ レッドレグナント編 ~

優勝20200621多摩川S


レグナント、あっと驚く先行抜け出しで4勝目!

驚くといっても実は好勝負できる裏付けはありました。
2走前の春興Sでは7着に敗れたとはいえ、
勝ったレッドサイオンから0.2秒しか負けていません。
また、今回人気になっていたミュージアムヒルを
かつてサフラン賞で封じた実績もありました。
終わってみれば勝ってもおかしくはない力はあったのです。

とはいえ今回は、2度目の騎乗でレグナントの持ち味を
最大限に発揮した武藤騎手の手腕に負うところもあったでしょう。
そして、結果が出ない中でもダート戦で経験を積ませたり、
馬具を工夫するなど陣営の功績にも感謝せねばなりません。

2歳時から活躍し桜花賞でも夢を見させてくれたレグナント。
その後も大きなトラブルもなくコンスタントに出走を重ね、
ついには2度目のオープン入りを果たしました。

今回の勝利で兄弟馬の中でも単独勝ち鞍首位となり、
文字通り母の代表産駒となりました。
そうなると、今度はレグナント自身の子にも
期待を寄せたくなりますが、それはもう少し先の話。

オープン戦線でもレグナントらしい走りで頑張って欲しいものです。
引き続きご声援宜しくお願いいたします。

ということで これからも
よろしくお願いします!

blog_import_52d337a61fbe7.gif  blog_import_52d337a61fbe7.gif  blog_import_52d337a61fbe7.gif

スポンサーサイト



0

祝!OP入り


h_topics1_415_0190730.jpg

レッドレグナント嬢が再びOP入りしました!

緑色のシャドウロールに加え、今回はチークも装着して
臨んだ1戦。
武藤JKが 最高のエスコートをしてくれました!
レグナントの力を発揮することができ、
ハナ差まで追い詰められたものの
見事抑えこみ、勝利のゴール!

武藤JKありがとう!
ナイス騎乗をありがとう!
大竹先生をはじめ、厩舎スタッフの皆様の
ご尽力の賜物ですね

これからも ケガ無く元気で。
応援しています!

0

お誕生日おめでとう!


Happy  Birthday 

本当なら昨日から北海道入りするハズだったんですけど
今年は、残念ながらキャンセルしました。

ダディに直接会って、お祝いしたかった~~~。

でも今年は仕方ない事態になっちゃったし。
1日も早く収束してほしい。

みんなが安心して外出できる日が戻ってきますように!

それまではダディとの再会はおあずけだけど
お互い元気で会える日を楽しみに待ってます!

0

レッドヴァレリー 引退。


大いに楽しみにしていたお馬さん レッドヴァレリー。
残念ながら、両脚に広範囲で屈腱炎が認められ
引退となってしまいました。
オルフェっこで、楽しみにしていたのですが・・・
残念。

治療加療で治癒してほしいけど 下手すると再発もあり得るから心配は
尽きません。

第二の馬生で活躍できるように願っています。
辛いトレーニングもあったと思いますが
ここまでもよく頑張ってくれていたと思います。

ありがとう そして お疲れ様でした。

0

ファンド解散


10270128NF空港にて

今日、クラブからファンド解散との通知がありました。

クラブでは、たった1頭のエイシンヒカリ産駒で
抽選突破を飛び上がって喜び、
デビューに向けて無事の成長を楽しみにしていましたが
残念ながら ファンド解散とのこと。

本当に残念です。
しかし、カレの今後も気になります。
競走馬としては、成功できないにしても
どうかせめて元気で、別の世界で活躍の場があることを
願っています。
どうか、今の症状が重くなく、近い将来快方に向かいますように。

0

my軍団、2歳っこたちの名前が決まりました!


blog_import_52d337f0e3857.png

シンプリ―ディヴァイン18 → シンプリ―シャイン

カラフルブラッサム18 → カラレーション


blog_import_52d337b99ac85.png

レッドセシリア18 → レッドルーベンス

レジュールダムール18 → レッドクラーガ

グリサージュ18 → ルージュブラン

サンヴァンサン18 → ルージュイデアル


命名者の皆様、ステキなお名前を
ありがとうございました 



4

謹賀新年


明けましておめでとうございます。
昨年も更新率がめっちゃめちゃ低かったです。
今年は改善したいと考えています。
が・・・
なんかここ数年、そんなこと続きかも。(汗)

今年もよろしくお願いします。

0

ワンピ君 最新情報


1062ロンシャン競馬場パドック⑤
(クラブHPより転載)

9日(水)に成田空港に無事到着したとのこと。
輸入検疫へ移動しているそうです。

無事に帰国してくれました♪
本当にお疲れ様でした。

ニューマーケットでの調教や、厳しい結果に終わった経験は
きっとこれからの糧になると思います。
まずは、ゆっくり身体的&精神的な疲れを癒してほしいです。


0

ワンピ君関連ニュース

日刊スポーツ記事より、2つの記事を転載します。

一つめ。
<凱旋門賞>◇6日=仏パリロンシャン競馬場◇G1◇芝2400メートル
◇3歳上牡牝◇出走12頭◇1着賞金285万7000ユーロ(約3億4284万円)

世界の頂点を目指した日本馬3頭の夢は、
日本とは異質な、想定以上にタフな馬場に打ち砕かれた。
3連覇を狙ったエネイブルの走破時計は昨年より約3秒遅い2分32秒43。
女王陣営も馬場状態を敗因のひとつに挙げたほどだった。

3歳時に不良馬場の菊花賞で
消耗戦を制したキセキも例外ではなかった。
日本馬最先着ながら、7着が精いっぱい。
出遅れ気味のスタートから道中の流れに乗るまでに時間を要した。
スミヨン騎手は「重い馬場で難しい競馬。スピードを生かすのに時間がかかった。
そして、最初にスピードを出し過ぎてしまったかもしれない。
今日はキセキにとっていい馬場ではなかった」と振り返った。
菊花賞時の上がり3ハロンは39秒6。
今回はタフで重い芝に体力を奪われ、上がり42秒01を要した。

11着ブラストワンピースはやや重の有馬記念を勝っているとはいえ、
基本は良馬場希望。
道中はエネイブルの後ろに位置したが、
フォルスストレートに入るあたりで川田騎手の手が動いた。
脚はたまっておらず、上位馬に引き離された。
川田騎手は「難しい、厳しい戦いでした。日本馬にはとてつもなく厳しい馬場。
体力の消耗が激しく、レース後はすぐに止まってしまい、
その後も歩くのがやっとという感じでした」と話した。

最もきつかったのは国内でも良馬場しか経験していない
ディープインパクト産駒のフィエールマンだったか。
前走のバーデン大賞を14馬身差で逃げ切ったガイヤースが
10着まで沈む展開。
結果的には先行策も裏目に出た。
直線を迎える前に脱落し、ラスト300メートルは流して入線。
ラスト1ハロンは17秒82と完全に“歩いた”。
ルメール騎手は「いい結果をと思ってきたけど、早めにばててしまった。
残念ながら日本馬はこの馬場じゃ全然走らない。
2番手でいいレースはできたけど…」とお手上げの表情。
最先着のキセキですら勝ち馬ヴァルトガイストから
20馬身以上離されて入線。
相手以前に、コースに苦戦した大敗だった。

二つめ。
凱旋門賞のタイム分析の詳細が、レースから一夜明けた8日に
主催者フランスギャロから発表された。
重馬場の開催で勝ち時計は2分32秒11。
過去10年間で(速い順に)7番目だった。
1000メートルの通過は1分3秒53で、レース全体の上がり3ハロンは
38秒88もかかっていた。
究極の消耗戦だったといえそうだ。

勝ったヴァルトガイストは、メンバー中最速の
上がり3ハロン38秒08で差し切った
ラスト1ハロンも12秒72で唯一の12秒台だった。
ブドー騎手は「どんな馬場でも走れる」と振り返っており、
その言葉を裏付けるデータだ。

2着のエネイブルは上がり3ハロン38秒85だった。
日本勢は7着のキセキが同42秒01、
11着のブラストワンピースが44秒37、
最下位12着のフィエールマンが47秒93。
日本ではめったに見られない数字で、いかにバテていたかがうかがえる。

いじょうの二つのニュースは、JRA-VANのHPに掲載されていたのを
転載したものです。

その以前にも、関係者のコメントを拝見させていただいてましたが
どうやら、JRA各競馬場の重馬場とは雲泥の差があったようですね。
想像するに、たっぷりと雨がしみ込んだダートのドロドロのう○こ馬場に
洋芝が乗っかった状態のコースコンディション???だったのかナ。
日本各馬のタイムが物語ってますよね。
日本の重馬場ではあり得ないタイムやん。

これだけの消耗戦を、走り切ったワンピ君には
心からよく頑張ってくれたね。ありがとうと敬意を表します。
良馬場で挑戦してほしかったナ。

疲労困憊していると思うから、体調が戻らないと
帰国は難しいと思うけど
1日も早く無事に帰国できるようお祈りしています。

大竹先生のコメントには、意味深な表現があったから
ちょっと心配。
現状は、どんな様子なのかなー。

0

いよいよ夢の大舞台へ ブラストワンピース!


20190521_115704.jpg

ついにこの日が来てしまいました!
世界水準の強敵が集う大舞台。
ここまで来たら、自己の力を発揮して
あとは無事のゴールインを祈っています。

ブラストワンピースには今日の馬場がどうなのか・・・
不安アリ、心配アリ、楽しみアリで複雑ですが
ロンシャン競馬場を走る機会なんてめったにないことだから
現地でのブラストワンピースの走りを観てみたいです。
TV観戦ですケドね。

スタートが刻一刻と近づいてきています。
無事のゴールインをお願い!